アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。 日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミナーご参加の皆様、有難うございましたm(_ _)m 

16日土曜日のブレイナーズ東京セミナーは無事終了いたしました。

ご参加下さった皆様、有難うございました。

私にとっては講師デビューということで緊張の連続でしたが、前のまうすさんの素晴らしい講演を聞いて「私も続かなければ!」ってことで頑張ることができました。

今回の経験は私にとってもすごく勉強になりました。
セミナー参加者の皆さんとの出会いも大切な宝物です。

会場にいらして下さった皆様、
遠くから応援して下さった皆様、
このような素晴らしい機会を与えて下さったブレイナーズの皆様、
そしてお忙しい中私の為にいろいろ準備して下さったまうすさん、
本当に有難うございました。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。m(_ _)m

pending長い~(;^_^A 

http://ezinearticles.com/に私の3つ目のアーティクルが掲載された。
今回のアーティクルは「馬の回し蹴り"Side Kick By The Horse"」

その前に書いた「会津地鶏"A Story Of Japanese Aizu Jidori"」では初めて差し戻しを食らいました。

子供の頃からの作文や読書感想文、大学時代のレポートや卒論、ライター時代の原稿まで、今まで自分の書いた文章を差し戻されたことは一度もなかった私には差し戻し初体験。(笑)

差し戻し連絡メールによれば、文法的な間違いや句読点の問題ということになっていたから文章内容そのものを変える必要は無かったけど、やっぱり難しいなぁってつくづく実感。


そんなEzinearticlesのpending期間がどんどん長くなってる。

考えられる理由は二つ。

まず一つは、設立7年にしてまた規定を改定しているぐらい参加者がどんどん増えてるから、アーティクルの審査に時間がかかってること。
Ezinearticlesのますますのご発展ってことでございますね。

もう一つは・・・これは考えたくないんだけど・・・私のアーティクルだけがpending期間が長いという可能性。(; ̄ー ̄A アセアセ

Ezinearticlesに投稿した私の最新アーティクルは「馬の回し蹴り"Side Kick By The Horse"」。
その前は「会津地鶏"A Story Of Japanese Aizu Jidori"」でその前は「小鳥のダイエット"A Diet Of A Small Bird"」。

会津地鶏はともかく、小鳥のダイエットも馬の回し蹴りもやっぱり「のだめ」路線。(笑)

そのせいで私だけ審査に時間が掛かってる可能性も無きにしも非ずぅ。( ̄∀ ̄;)汗

マイペースも極めれば長所になるかもしれないから、まっ、いいっか。ヾ( ̄ー ̄;)ォィォィ

でもまうすさんのはたしかpending期間一週間だったんだよなぁ・・・。(^_^;)


viralarticle


ポチッとな↓応援宜しくお願いします。m(_ _)m

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム

書き手の責任 

12月1日付けの日経新聞の夕刊。
アフィリエイトすることへの責任についての記事が出ていました。

自分が収入を得ることしか考えないことからくる無責任な広告の文章。

広告主の言うことを鵜呑みにして、あたかも自分がそれを使用して効果があったかのような文章を書いて、それを情報として発信する。

それがいかに無責任な行為なのか本人に自覚はない。

国民生活センターには「商品を購入したが紹介文にあるような結果にはならなかった。」という内容のクレームがたくさん寄せられているという。

この記事には例としてダイエット商品や健康食品などがあげられていたけれど、何もそれだけに限ったものでは無いと思う。

情報商材のアフィリエイトでもこれと同じことが言えるんです。

この記事によると、
「このような事態を受けて、日本アフィリエイト・サービス協会は今年10月にアフィリエイト広告の仕組みへの参加者が守るべきガイドラインを策定したという。
この中で、広告掲載サイトには誇大広告に当たる表示をしないように求め、広告主にも掲載サイト運営者に明確な情報開示を要請。協会も不正なサイトの情報を共有し対処していく体制を打ち出した。」
という。

個人の自覚さえあればこのようなガイドラインを作る必要はないはず。

自分の文章に責任を持つこと。

たったそれだけのことなのに。


情報を発信する自由の裏には、その情報への責任が伴います。

ネットではなく現実のビジネスだったらどうでしょうか?
自分が体験してもいないことを、
使ってもいないものを、
これは最高ですなどと言って人に薦めることはできないですよね。

ネットだから、
顔が見えないからという考えは通用しません。

ネットでも現実社会でも自由と責任はセットなのです。


自分の文章に愛情を持って書く。
それさえ守れば無責任な文章は生まれません。

もっと自分の文章に愛情と誇りを持ってほしい。

無責任なアフィリエイト広告を見るたびにずっと思ってきたことです。


人と人との結び付きという「繋がりの原点」に立ち返って考えてみる必要があるのではないでしょうか。

pluralism(プルーラリズム)と相乗効果 

現段階ではヴァイラルアーティクルの先輩的存在であるEzinearticles
そのEzinearticlesのブログにChrisが書いていた言葉にこういうものがありました。

Another very subtle shift that I’ve been making over the past 6 weeks is that I want our members and users to think of EzineArticles.com as an *online community of experts sharing knowledge* and not as an *article directory* or *article bank*.

「メンバーとユーザーには、単なるアーティクルディレクトリや記事の銀行として考えるのではなく、知識を共有している専門家のオンライン共同体としてEzineArticles.comを考えて欲しいと思う。」


まさにその通りだと思います。

知識を共有している専門家のオンライン共同体。

そう考えると、ちょっと違った感覚になりませんか?

作家同士が数や評価を競うとかそういうことではなく、共同体。

私の知らない部分をこの人が補ってくれる。
この人の知らない部分はあの人が補ってくれる。
あの人の知らない部分はあなたが補ってくれる。
あなたの知らない部分は私が補う。

そうしてできあがる大きな知識の泉。
まさに知識を共有しているオンライン共同体ですよね。

自分の中の知識が人の役に立つというのはそういうことでもあります。
提供する相手はパブリッシャーだけではありません。

知識の持ち寄りで、大きなものができあがる。
作家同士がコラボレートすることで予想外な大きなものが生まれる可能性が広がる。

pluralism(プルーラリズム)ですね。


小さなものの持ち寄りだけとは限りません。

大きなものを完成させるのにどうしても足りないパーツを探し求めてやってきた人がいたとします。
そのどうしても足りないパーツを持っているのがあなただったとしたら?

見事BINGOで新しい何かが完成します。

三日月+小さな○=満月

そう考えるとヴァイラルアーティクルは知識の切り売りの場所でもあります。

アーティクル一つ一つがあなたの自己紹介であり名刺であり履歴書です。
アーティクルに小細工はいりません。
いるのは愛情だけ。

文章は生き物と同じです。
手を掛けて愛情をかければかけるほどそれに応えてくれます。

あなたそのものを如実に映しだしてくれます。

手を掛けた文章の集合体は相乗効果で益々輝きます。

古今和歌集万葉集もジャンルこそ違いますがそういう意味では見事な相乗効果なのかもしれません。


「もみぢ葉の 流れてとまる みなとには 紅深き 浪や立つらむ」 


古今和歌集・素性法師の歌です。

みんなで小さなもみじ葉を流し続ければ、その河口には紅色の
「浪」が立つかもしれないですね♪

viralarticle


ポチッとな↓応援宜しくお願いします。m(_ _)m

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム

二つの立場でviralarticleを考える 

現在日本で唯一のアーティクルマーケティングディレクトリであるヴァイラルアーティクル

ネットビジネスでの集客ツールとしての利用方法と、小林さんのおっしゃるように「文化」として定着させるべく利用方法。

その二つの立場はよく考えると相反するものなのかもしれません。
投稿されているアーティクルを見るとそれがわかります。
具体的には現段階では3つに分類されています。

まず1つ目。
ビジネスの集客ツールとだけ考えているパターン。
とにかく「宣伝」。
日本語自体が文法的にどこかおかしかったり(笑)、人と人を繋ぐ温かさのようなものは含まれていなくても気にしない、気にしない!(^_^;)
そんなことは気にしないでひたすら「売り込み作戦」という形。

そして2つ目。
ビジネスの集客ツールではなく、小林さんがおっしゃっていたように家族や大切な人に話して聞かせる貴重な情報としてアーティクルを発信するパターン。
文化としてのヴァイラルアーティクルを考えるとこのパターンになりますね。
自分を売り込むというより自分の知っている情報や知識を「誰かの役にたつことがあれば。」という気持ちで伝えるという形です。

そして3つ目。
これは上の二つの混合パターン。
しっかり売り込みもしているんだけど、ちゃんと人間の温かさも込められている。
理想的な作家さんですね。
こういう方のアーティクルはいつも「さすがだなぁ。」って思いながら読ませていただいています。


この三つの立場は作家の立場です。
次に、パブリッシャーの立場として考えてみるとどうでしょうか?

パブリッシャーの場合は単純に2種類です。

ネットビジネス真っ只中の人と、ネットビジネスとは関係のない一般の人。

ネットビジネスチームが初めてヴァイラルアーティクルを見た時、最初に「こんな方法があるのかぁ!」って感動すると思います。
そして上に書いた1番目と3番目のパターンの作家のアーティクルを見て「なるほどぉ~♪」ってなるでしょう。
ちなみに2番目のパターンのアーティクルを見ても、「へぇ~、そうなんだぁ。」って新しい知識として受け入れることはあっても、前の二つのパターンのような感銘は受けないかもしれません。

ネットビジネスとは関係の無い一般チーム。
その人達から見た場合はどうでしょう?

全く逆の受け取り方をするのではないでしょうか?
1番目のパターンを見た時「なんだ、単なる宣伝をするだけの場所か。」ってなってそれで終わり。
1番目のパターンのアーティクルばかりを読んでしまったら、恐らくその人は「自分とは関係が無い場所。情報提供といいつつ宣伝が目的なのか。」ってことでもうやってくることはないでしょう。

逆に2番目のパターンを見た時、「ここにはいろんな情報が詰まっている」と感じるのではないでしょうか。
私が書いた「wikipedia的」な感覚で、ヴァイラルアーティクルを捉えるでしょう。

実際に私の知り合いでこういう感想を持たれた方がいらっしゃいました。
「面白そうだと思ったけれどネットビジネスの宣伝目的記事がほとんどですね。最初に抱いたイメージとはどんどん遠くなってきた気がする。」

私なりに「そんなことないよぉ~。」って説明はさせてもらったのですが、ネットビジネスに携わらない人にはまだまだそう見えるのかもしれません。( ̄∀ ̄;)汗


結局、文化として残しながらネットビジネスでの集客ツールとしてのパワーを発揮できるものにしようとすると、口で言うほど簡単ではなくすごく難しいということになります。

今現在作家として投稿されてる方は、すでにヴァイラルアーティクルが何たるものかということを理解されている方々です。

それではヴァイラルアーティクルを知らない人達に広めるにはどうすればいいのか?

新しい参加者を増やすことですよね。
作家ばかりが増えても「集客ツールとしてのパワー」は発揮できなくなるし、文化として残すことも難しいです。

作家はもちろん必要ですが、パブリッシャーを増やす!
ヴァイラルアーティクルの存在とその意味をより多くの人に理解してもらうこと。
それが大事だと思います。

そう考えたとき、ネットビジネスチームと一般チームの人間の割合はどうでしょうか?

明らかに一般チームの人数のほうが多いです。

しかも悲しいかな、ネットビジネスというだけでいかがわしいものだと思われることもまだまだ多いです。(T_T)

そういう中で、ヴァイラルアーティクルを理解してもらい広める為には、やはり一般チームでの視点を考えることは必要だと思います。

つまり、上に書いた2番目と3番目のパターンを組み込むことです。
もちろんビジネス集客ツールとして使わない手はないので、1番目は当然だと思います。

しかし1番目ばかりが目に付くと、結局はネットビジネスチーム内での広がりしか期待ができなくなるということです。
それは最終的には、集客ツールとしての価値も低めてしまうことになります。

そのあたりを考慮してアーティクルを書いてみませんか?

最終的には人間と人間のつながりなんだってことを考えれば、自ずとどういうアーティクルにすればいいのかがわかると思います。

本当は3番目のパターンのアーティクルが増えるといいんだけど、これはなかなか難しいですよね。
私も無理です。(;^_^A

1番目の中にもほんの少し2番目のエッセンスを加える。
そうすることで、ヴァイラルアーティクルの可能性はどんどん広がると思います。

アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。