アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。 日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しみましょう、アーティクル 

久しぶりに「先生」のご登場でございますぅ♪m(__)m



今日は2006年12月2日です。
たった今、 ヴァイラルアーティクルを覗いて来ました。

トップ投稿者の池田さんが100本目の投稿を終えたところです。おめでとうございます!
パチパチパチ o(^ー^)o☆o(^ー^)oパチパ
ここの管理人のさなかひよりさんが73本、私が65本です。

ちょっと思うところあってしばらく投稿を控えていたので
トップの池田さんとはだいぶん開いてしまいましたが、
それでも私以降の方々とはだいぶん開いていますね。

私もひよりさんも同じ穴の狢(ムジナ)だと思っているのですが、書くことがとにかく好きです。
書いてていいよ、と言われたらそれこそ10時間でも書き続けるのは苦になりません。
(そうですよね?ひよりさん^^;)

ですがブログにアップする以上、自分の発言には責任をもちたいと思うし、内容が空回りするようではだめだよな。
そういうこともあって自粛しておりました。



でも、自粛してるのって辛いんですよね。(爆)

私は仕事が忙しいのもあって、投稿のペースを下げようとは思っていましたが、それでも今日の今頃は90本に届くつもりでいました。
だからなんだか自分で自分にいらいらしています。(笑)


で、思うに、
私のような文章書きジャンキーは、自分のストレス発散の場としてもアーティクルディレクトリをどんどん使って行ってもいいんじゃないかな?

責任ある発言も必要ですが、好きなことを好きなように書くこともかまわないのではないかしら。
だって、それをどう判定するかは読む人次第ですからね。

ということで、少々変な記事もこれから増えていくかもしれませんが、そこはご愛嬌。


みんなでもっとヴァイラルアーティクルを楽しみましょうよ♪

記事を書くのはネットビジネスのためだけじゃない。
自分を主張する場所であってもいいと思うのです。

ただ、1行しかアーティクルがないような、あまりにも薄い内容は問題ありかと思うんですけどね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://articlemagic.blog79.fc2.com/tb.php/58-69c00716

アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。