アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。 日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規定が追加されました 

登録者の常識の中で成り立っている今のヴァイラルアーティクル
お役立ちアーティクルを読むと思わず(-人-)謝謝って思っちゃいます。

自分の知らない世界の話も「へぇ~、そうなんだぁ。」ってなんだか得した気分になりますよね。

でもやっぱりいろいろあります。(笑)

最低限、規定は守らなきゃダメです。
文字数500文字以上。
数日前からちゃんと規定のところに書かれてたこと、みなさん御存知でしたかぁ?



単にアーティクルを読むというだけではなく、ちょっと違った視点から分析してみると面白いことに気付いたりもします。

作家の人間性ですね。

私の場合、いくつかタグを間違ってるのがあったりします。(;^_^A
私の「大ボケ」が見事にばれちゃってますね。ヾ( ̄ー ̄;)ォィォィ

そういう表向きなところだけじゃなく、内面的なところも垣間見れたりするのが「文章」の面白くも有り恐ろしいところです。

作家の「常識」と、最低限のルールを守ることで「玉」が増えるといいですね。


って思ってたら昨日ブレイナーズさんからメールが届きましたよね。

ウィキペディアのように書き換えられないということは、どんなアーティクルも自然淘汰はありえないということです。
それならばそれなりの規定を増やしていくことは必要ですよね。


せっかく誕生した日本初のアーティクルマーケティングディレクトリ。
不正な利用法を考えないで正しい利用法で大きくしていきましょう。
最終的にはそれがあなたのメリットになるんですから。

ヴァイラルアーティクル誕生の瞬間に立ち会えたことは、すごくラッキーなことです。
そのラッキーを生かしましょう♪
「逢うた時に笠をぬげ」ってことで。(*^-^*)

しっかりした太い幹を育てる為にも今が大切な時だと思います。

viralarticle


ポチッとな↓応援宜しくお願いします。m(_ _)m

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://articlemagic.blog79.fc2.com/tb.php/41-f13fb4f0

アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。