アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。 日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

viralarticleの先輩 

ヴァイラルアーティクルの先輩的存在の英語圏のアーティクルディレクトリ
たくさんありますが、Ezinearticlesもその中の一つです。

http://ezinearticles.com/

ここにはviralarticleの未来の姿が見え隠れしています。
英語圏のそれと同じような道を歩むのか。
日本ならではの発展の仕方をするのか。

欧米文化と日本文化のさまざまな違いから、
基本は踏まえながらも日本独自のエッセンスが加わったものに成長するといいなぁって私は思っています。


Ezinearticlesは1999年11月にKate Schultzさんによって作られました。
現在はEmailUniverse.com Teamによって運営されています。

今月Ezinearticlesは7歳の誕生日を迎えます。
担当者のChristopher M. Knight さんのお誕生日も兼ねた、バースデーケーキ、すごいですよぉ~。
こちらです。
   ↓
http://ezinearticles.com/blog/

7年後の現在、参加者は約35000人
157ヶ国にAutherがいます。
日本人参加者は現時点で53人。
見たことあるような名前もありますねぇ・・・。(爆)

トップAutherの投稿数は最近10000を越えました。

毎月10000記事以上の新しい記事が追加されています。
すごいですよね、この数。(;^_^A

Ezinearticlesの場合は
「New EzineArticles.com Members Are Allowed 10 Initial Article Submissions.
If Your Articles Meet Our Quality Standards, You May Qualify To Earn Platinum Status (Allows Unlimited Article Submissions)」
ってことなので、最初の10記事が勝負。
この間の審査にパスすれば、そのあとはのびのびOK(爆)のようです。

もともと200~3500というワード数の規定(理想は400~750だそうです)がありましたが、11月1日から記事の最低ワード数が200から250に増やされました。
7年経ってもなおアーティクルのレベルアップを狙って規定を変更するあたりの意気込みは大ブレイクしている証なのでしょうね。


7歳の年齢差は大きいかもしれないけど、
アメリカはEzinearticles、日本はviralarticle
って言われるようになるといいですね♪


ポチッとな↓応援宜しくお願いします。m(_ _)m

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村

人気blogランキングへ

ランキング広告ドットコム

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://articlemagic.blog79.fc2.com/tb.php/40-c42b9a71

アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。