アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。 日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GoogleとYahooの使い分け 

何かを検索する場合、GoogleYahooって使い分けていますか?

私はGoogleツールバーをインストールするまでひたすらYahoo検索をしていました。
ツールバーをインストールして初めてGoogle検索した時ビックリしました。
その膨大な情報量に!
中には怪しげで意味不明なもの(キーワード羅列の記事作成ツールの見事な作品(笑))とかもあったりするけど、とにかく出てくる数が多いんですよね。

この違いは何なんだろう?
すごく不思議に思いました。

ネットビジネスに片足のつま先(笑)を突っ込んだとき、初めてその違いがわかりました。

簡単に言えばロボットが検索しているのか人間が検索しているのかの違いなんですよね。

Googleの場合はロボット型検索
ウェブロボットというプログラムを使って、次々にサイトを巡回してインデックス(さくいん)を作ります。
そのインデックスを元に検索を行います。
24時間休み無く動き続けるので、更新された情報がネット上に反映されるのも早く、内容はさまざまだけど情報量は膨大なものになります。

それに対してYahooディレクトリ型検索。
サイトが登録制になっていて、申請されて審査に通ったサイトが登録されます。
その登録されたサイトの中から検索結果が表示されます。
カテゴリー別にわけられ、人間の手によって登録されるので怪しげな検索結果は少なく、きちんとした情報だけが出てきます。
人の作業には限界があるので、Googleロボット型と比べるとネット上に反映されるまでには時間がかかります。

最新の新鮮な情報をということであればGoogle検索。
吟味された確かな情報をということであればYahoo検索。
というふうに使い分けると便利です。

ちなみにGoogleにはページランク機能があり、必要な情報がたくさん含まれているサイトは検索結果の上位に表示されるので、膨大な情報の中から自分でよりわけなくてもよい点が、多くのユーザーに支持される理由のようです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://articlemagic.blog79.fc2.com/tb.php/39-3baee3c6

アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。