アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。 日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

article marketingを理解する上で一番大事なもの 

アーティクル数の増加に伴って、アーティクルマーケティングについての説明などが書かれているブログも増えてきましたね。
そういうブログが増えることはとってもいいことだと思います。

私、すごく不思議でした。

アーティクルマーケティングの仕組み自体、いたって簡単で単純でわかりやすいのに、そんなことを説明するためのブログを書くのって大変だろうなって。

でもその理由がわかりました。

きっとききなれない英語が原因なんでしょう。

アーティクル=記事という日本語に置き換えて考えれば、説明するまでも無く理解できると思います。

でも英語圏から入ってきたもので全てが英語というのが、難しく捕らえられてしまう原因なんでしょうね。


結局本場のアーティクルディレクトリのサイトを見て、それを理解できる人のみ、今後の日本のアーティクルマーケティングの方向性がつかめるということでしょうか。

小林さんもしかり、私の先生であるまうすさんもしかりです。
現にまうすさんはvairalarticleが立ち上がる前から、アーティクルマーケティングというものに注目してその有益性をわかりやすく説明したメルマガを配信されていました。

私・・・斜め読みしてたけど。ばしぃ!!( ・_・)ノ☆(*_ _)


日本のはるか先を進んでいる海外のアーティクルマーケティング
それにじかに触れることができることはやっぱり最強の武器だと思います。

アーティクルマーケティングを理解する上で一番大事なものは、生きた英語を使いこなせる語学力ですね。
お手本に書かれていることが理解できなければ、二番煎じの域から脱出することはできません。


ってことを最近悟った私。

でも今から「よぉ~し、英語勉強するぞぉ!(`_´ )ゞ」って気合を入れたところで、「生きた英語」を理解できるようになるにはかなりの時間と経験が必要です。

うぅ~ん・・・お年寄りになってしまう・・・。(爆)


海外のアーティクルディレクトリを理解して動きを読むことができる英語力がない場合は、情報のサマリーを読んで書かれた「サマリーのサマリー」で勉強するしかないのかぁ?

サマリーのサマリーだけじゃなく、サマリーのサマリーのサマリーだったり、二番煎じのレビューのレビューのレビューだったり。

自分に語学力がないから仕方がないとは言え、なんだかそれは空しいぃ~。(>ω<)



いえいえ、そんなことはありませんっ!



海外の生きたアーティクルマーケティングに直接触れることのできる「先生」から学び取ればいいのです!

昨日、バスルームでぼぉ~っとしながら何故か突然このことに気付きました。
その前に英語と戦っていたからかなぁ。(笑)

文法がどうだとか、単語の意味がどうだとか、そういうレベルではほとんど役に立たないんですよね。
だから大学でもビジネス英語という科目があるんですよね。

私、大学では基本的に一日中英語の勉強でした。
ビジネス英語は受講していなかったのですが、同じ英語でなんでこんなに細かくわかれてるんだろう?ってずっと思っていました。

その答えが今やっとわかりました。

英会話や中学、高校で習う「英語」とは違うものなんですよね。


この年齢になって、あらためて「生きた英語を自由に使いこなせることの大切さ」がわかりました。

アーティクルマーケティングを語る上で、
これからの日本でのアーティクルマーケティングの行く末を考える上で、
小林さんやまうすさんのような方の存在の重要性を再認識した私です。

無理やり引きずり込まれたようなところもありますが(爆)、私にとってアーティクルマーケティングを理解する上でまうすさんの存在は本当に有難いなぁってつくづく感謝でございます。m(_ _)m



ってこれだけ持ち上げておけば、今度何かおごってくれるかなぁ・・・まうすさん。( ̄ー ̄)フフフ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://articlemagic.blog79.fc2.com/tb.php/35-9b8edf43

アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。