アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。 日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

viralarticleののだめカンタービレ 

開始当初と比べたらかなりアーティクルの数が増えてきました。
カテゴリーの種類も増えて、覗くのが楽しみになってきた私です。

って私はひたすらネットビジネスとは縁の無いカテゴリーに投稿し続けておりますが・・・。(;^_^A

やっぱり異色?
って思いつつも、「viral articleののだめちゃん」路線でこれからも頑張ろうと思っています。

のだめちゃん。。。ご存知ですよね?

のだめカンタービレのだめちゃんです。


アーティクルを投稿しながら、一つのことを突き詰めることも大事だけど多面性を持つことも価値のあることなのかもしれないって思いました。

広く浅く・・・ってやつです。

広く浅く、いろんな経験や知識があれば、アーティクル投稿を考えてもさまざまなカテゴリーに投稿することができます。

いろんなことを齧るけど結局どれも身につかないというと聞こえは悪いけど、考え方を変えると、広く浅くいろんな経験をすることは無駄ではないんですよね。

浅くても、短期間でもそれを経験することで一つでも何かがつかめたならそれでOK。

アーティクルはシリーズモノじゃありません。
一つのカテゴリーに一つのアーティクル投稿でもいいんです。

その道を極めたエキスパートならどんどんアーティクルを増やすこともできるでしょう。

でも、深く入っていないからこそ書けるアーティクルってあると思います。
深入りしたエキスパートには気付かないことや、気付かない視点。

あなたにもありませんか?
全然詳しくないんだけど、たった一度の経験でこんなことを学んだとか。
短期間の経験しかないけれど、これだけは人に教えてあげたいと思うことに気付いたとか。

アーティクルのネタ探しは現在だけではありません。

少し前のほんの小さな経験も、思い返せば「あっ!」って思うこと、ありますよね?

そういう小さな経験やひらめきが、実はすごく人の役に立ったりすることって結構あるんです。

そういうこと、どんどん投稿してみて下さい。

ちゃんと事実に基づいたことならば、必ずそこには何か意味があると思うから。

あなたのアーティクルを読んだことで、
パブリッシャーの心が動いたら、
何かのきっかけになったら、
それは立派に価値のあるアーティクルだということです。

Google検索することを「ググる」って言いますよね。

アーティクルの数がもっともっと増えて、viralarticleが「知恵の壺」になったら、何か知りたい時にはまずアーティクルで探すなんていうのが当たり前になる日がくるかもしれません。

その時は「ググる」ではなくて「アティクる」とかって言葉ができるかもしれないですねぇ。ヾ( ̄ー ̄;)ォィォィ

ってこんなこと言ってるから「のだめちゃん」なんでしょうね。。。私って。( ̄∀ ̄;)汗

私をこの世界に引きずり込んだ・・・じゃなくて、導いて下さった(爆)まうす先生にはますます「のだめちゃん扱い」されております。(;^_^A

あっ、私、3歳からピアノ習ってたので何気にピアノ大好きなんです。(笑)

viralarticle

ポチッとな↓応援宜しくお願いします。m(_ _)m
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム

スポンサーサイト

コメント

のだめちゃん

あいかわらずのだめちゃん快調に飛ばしてますね。
昨夜、追いつこうと思って5本投稿したんだけど、また引き離されてる。。。

フランスに行ってとどまるところを知りませんね。
ヾ( ̄ー ̄;)ォィォィ

まうす先生こんばんはぁ♪

はぁ~い、のだめでございますぅ。(*^▽^)ノ
ってことはまうす先生は・・・えぇ~っとぉ~、えぇ~っとぉ・・・真澄ちゃん?ばしぃ!!( ・_・)ノ☆(*_ _)

アーティクルは、まうす先生が前にメルマガで「何でもいいからちゃんと決めて毎日続けることが大事。例えば一日アーティクルを1つ投稿するとか・・・。」って書かれてたので、その教えを忠実に守ってたらこうなっちゃいましたぁ。(;^_^A

ほら、私って素直だからぁ~♪(*^-^*)

だからフランスから毎日投稿してるんですぅ。←誰がフランスなんだ!ゞ(ーー*)おい

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://articlemagic.blog79.fc2.com/tb.php/30-72cb10d5

アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。