アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。 日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleが救う、私のおバカ 

文章を書いていると、時々「あっ、あれ何だっけなぁ・・・途中まで覚えてるんだけど・・・。」なんてことがよくあります。

学生時代に習った故事成語や諺を引用してかっこつけようとしてもてもうろ覚えでかなり怪しかったり。

私の場合、試験前の一夜漬けで覚えたようなものがほとんどだから当然といえば当然でございますね。( ̄∀ ̄;)汗

文章を書くリズムに乗って書いている途中に、わざわざ諺辞典や別画面を開いて検索なんてしていられません。

手っ取り早く「うろ覚え」の言葉を知りたい!

そんな時もGoogle検索です。

うろ覚えだから検索できない?

そんなことはありません。
しっかりちゃっかりできるんです。

うろ覚えな部分を「*」に置き換えるだけでOK。
「*」はアスタリスクと言いますが、Googleではトランプのジョーカーのようなもの。

ワイルドカード」と呼ばれてどんな文字の代わりでもしてくれるオールマイティーなおりこうさんなのです。

この「ワイルドカード」を使って検索すれば、うろ覚えであいまいな記憶のキーワードで検索しても、ちゃんと教えてもらえというわけ。

諺を知りたい場合の例えを説明しますね。

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」をうろ覚えで、聞くは一時の恥聞かぬは・・・えぇ~っとぉ~・・・何の恥だっけ?って時。

「聞くは一時の恥聞かぬは*の恥」って入力。
そして検索をポチっとな。

すると「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」がだだだだ~っとでてきます。

古文などの場合も同じ。

松尾芭蕉の奥の細道。

「月日は百代の*」って入力してポチっとな。

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。」と続きを教えてくれます。

すごいと思いませんか?
アスタリスクワイルドカード

「聞くは一時の恥」って例をあげましたが、こっそりGoogleの検索ボックスに聞いたことは誰にもばれないので一時も恥にはなりません。
ご心配無く~。( ̄ー ̄)フフフ

Googleが救う私のおバカ。
ほんとに有り難いことでございますね。ヾ( ̄ー ̄;)ォィォィ

ポチッとな応援宜しくお願いします。m(_ _)m

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム

スポンサーサイト

コメント

まいどです!

*って、便利なんですね!

ぜんぜん知らんかった(^^;


メール送るよ!

ってあったので、メールボックス見たけど・・・・

??ない・・・


あっ!ひよりさんやから、

迷惑メールか?と思ったけどない!


なんで?

ちょっと悔しいから、今日は

応援もなしで!(ウソ♪)


また、気が向いたら教えてください。


応援プチューーーっと!

かっちんさん

こんにちはぁ♪

ねっ、ねっ、便利でございますでしょぉ?
私もビックリしたです。
「*さま~♪(# v。v)o」って感じ。(笑)

あれ?あのあとすぐにブレイナーズさんからのメールが届いてるはずなんだけど・・・。
うぅ~ん、どうしてだろぉ?
(o・・o)??

もう一度送ってみますね♪

迷惑メール!ブハハハハ(≧∇≦)人(≧∇≦)ブハハハ
それ、言えてるかもぉ~!(笑)
かっちんさん、いいとこついてますぅ!(@^0^@)

応援無しだなんて、かっちんさん、いじわるだぁぁぁ!虐めぁぁぁ!って思ったけど、しっかりブチューってしてくれてありがとぉですぅ。(#^.^#)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://articlemagic.blog79.fc2.com/tb.php/28-481c05f6

アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。