アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。 日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロングテール・・・の先っぽの毛(?)の先っぽ 

公園の入り口を見つけたあなた。

そこから入ったはいいけれど、ぱっと思いついて書いたアーティクルを投稿し終えたあとちょっと「はっ!┗┃ ̄□ ̄;┃┓ 」ってなってたりしませんかぁ?

私もね、一瞬なりました。

文章は私の温度で書けばいい。
それはいいんだけど・・・ネタが・・・。( ̄∀ ̄;)汗

「いつかは第二のウィキペディアへ~♪」なんてかっこいいこと言っちゃった私だけど、アーティクルは記事なわけで・・・一行訂正とはわけが違う。

もちろん一つのカテゴリーに1アーティクルだって全然かまわないんですよ。

でも一つ書くと、そこに自分の名前いっぱい並べたくなるじゃないですかぁ?

あっ、それって私だけ?(;^_^A


そのカテゴリーの中でどんなことを書くのか。

これは人それぞれだけど、何かキーワードがあればそれのイメージってありますよね。

私が書いてるペットというカテゴリーだったら、大体最初に思い浮かぶのって「犬」とか「猫」だったりしません?
その次に「鳥」とか「小動物」だったり。

っでこれまた、ペットのことを書くというと、ペットブログにたくさんある「今一緒に暮らしてるペットの様子を綴った日記」みたいなのが思い浮かぶんじゃないでしょうか?

そんな中で、私は「小鳥」。
これだけで一般的なペットのイメージの「犬や猫」から外れてます。

しかもメインは「病鳥の介護」ってきてるから、これってロングテール以外の何者でもありませんよねぇ。

「老犬介護」ならまだしも。(;^_^A

小鳥の病院の存在すら認知度は低いというのに、小鳥の介護なんて「なんじゃそりゃぁ?」状態。

でもこれはまだロングテール。一応尻尾と認識される場所です。


私、ある条件が揃えば書くことが止まらなくなります。
これは数年間の連載記事執筆の賜物(後遺症か?)なんですけどね。

ちなみにその条件は、

・眠くない
・お腹すいてない
・虫がいない(基本的に虫が恐い人です(;^_^A))
・静か

この条件が揃って書き始めると、あれも書きたい、これも書きたいってどんどん膨らんできます。
そのせいで文章がどんどん長くなるのが困りモノなんだけど。

勝手にブログに書くには問題ないんだけど、viralarticle投稿ってなると、果たしてこれってどうなの?みたいなものも当然出てきます。

あまりにマイナーすぎる?

正直、書いたもののブログだけにしておこうかと思ったものもいくつかあります。

でも、私は最初からロングテールでスタートなんです。
ロングテールの長い長い尻尾の先はどんどん細くなってて、そしてその一番細い先には・・・毛?(爆)

その毛の先は・・・って考えると、それも尻尾の一部なんでございますよぉ~っ!

ロングテールの尻尾の部分ははっきり見えるところだけじゃない。
尻尾の先の毛の先(って毛が生えてるかどうかは知らないけどね)だって立派な尻尾の一部。

そこでもいいじゃないのぉ~♪(^ー^)
そう思いました。

私、よく「変わり者」って言われるけど、時々いるんですよね。
同じ変わり者の臭い(臭いのか?)のする人が。
誰とは言わないけど。(*^m^*) ムフッ

ってことはアーティクルマーケティングの世界にだって、変わり者の作家と変わり者のパブリッシャーがいるはず。

変わりネタアーティクルを求める変わり者パブリッシャーが居たって不思議じゃない。

そう考えると、ロングテールの尻尾の先の毛の先はバッチリOKなのでございます。

「こんなのアーティクルとして通用するのかな?」なんて考えて躊躇しているあなた!
大丈夫です。

私と一緒に尻尾の先の毛の先を目指しましょう!v(≧∇≦)v イェェ~イ

尻尾の先の毛の先・・・。
もしかしたらそれは恐竜本体よりすごいものになるかもしれませんよ。(^ー^)

って恐竜に「毛」はないぞぉ!って怒らないで下さいね。(;^_^A

viralarticle登録、「紹介させてあげてもよくってよぉ~♪」っていう心優しい方がいらっしゃいましたら、鍵コメントかメ-ルで「お名前」と「メールアドレス」のご連絡をお願い致します。m(_ _)m

viralarticle

ポチッとな↓応援宜しくお願いします。m(_ _)m
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム

スポンサーサイト

コメント

こんにちわ

あいかわらず好き放題書いてますね(笑)。
ロングテールの先っぽの先っぽか。
確かに、広いネットの世界だから
誰が何を求めているかわかりません。

ひよりさんもけっこうメジャーだったりして(爆)。

ちなみに、恐竜に実は毛、あるいは羽毛が生えていたというのはいまや定説ですよ。
というのも、10年ぐらい前かな、
中国で羽毛の痕跡の明確な恐竜化石が見つかったはずです。

・・・尻尾の毛の先っぽの先っぽには
虫がついてるんじゃないですか?

(^。^;)

まうす先生、おはようですぅ♪

毛・・・定説なんだぁ!

私的にはサイとかゾウにチョロチョロ~っと生えてる細い怪しげな毛をイメージしたんだけど、羽毛なんですね。(;^_^A

尻尾の先っぽの先っぽの虫はね、動いてるうちに振り落とされたり地面と尻尾ですりつぶされて淘汰されるのでありますぅ~。(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://articlemagic.blog79.fc2.com/tb.php/16-73024133

アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。