アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。 日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人のアーティクル読む?読まない? 

すでに毎日どんどん増えてるアーティクル

あなたは毎日新しいアーティクルを読む?
読まない?

パブリッシャー(投稿されているアーティクルを引用する立場)の場合、もちろん読みますよね。

でも作家として今から投稿しようとするときはどうでしょう?

もし、今あなたがアーティクル投稿への第一歩を踏み出せずにいるならば、読まないことをお薦めします。

読まずにガイドラインにだけ沿って、あなたの温度で書いてみて下さい。
ブレイナーズさんのチェックが済んで、掲載されたらあなたの個性は受け入れられたということです。

そしたらそのまま一気に書いちゃう、書いちゃう。(^ー^)

いくつか書いたら・・・

あれ?viralarticleの記事にも私の世界ができてきた?って気付くはず。
あなたの温度、あなたの色、あなたの個性アーティクルが並び始めたらもういろいろ考える必要は無しっ!

「普段着の文章そのままでいいのねぇ♪」ってしっかり自信が出来て、アーティクルを書きながら悩むことがなくなったら、他の方のアーティクルをじっくり読むのがいいかもしれないですね。

そうすれば、あなたの個性はしっかりキープしつつ、他の方のアーティクルからいろんなことを学ぶことができると思うから。(^ー^)


実は私、恥ずかしながら、少し前まで某メディアで数年間連載記事を書くお仕事をしていました。

最初、すっごく悩みましたよぉ。(T_T)
そんなお仕事私にできるのかしらって。

その時にデスクから言われた一言がこれ!

「他の人の記事を読まないで下さい。」

この意味わかりますかぁ?

すっごぉ~く有り難いことに、デスクは私の「個性」をかって下さったんです。

同じライターの先輩がどういう文章を書いてるのかを見てしまえば、それが気になって私の個性が消えてしまう。
それじゃぁ読み手にはみんな同じ色に見えてくる。

四角四面の同じような温度や色の文章の羅列を期待しているんじゃない。
個性を生かした私色の文章を書かせる為には、最初に他の人の影響を受けることを避けなければならない。

そういうデスクの考えだったんです。

デスクのこの一言のお陰で、私は数年間伸び伸びと「私」を書き続けることができました。

viralarticleもこれと同じだと思うんです。

投稿されるアーティクルの数が増えれば、同じ様な内容のものもどんどん増えます。
その中でパブリッシャーをひきつけるには何が大事か。

そう、「個性」ですね。

個性・・・それは誰もが平等に持ってる一番の「武器」です。
それを自ら捨ててしまうなんてもったいないことしちゃダメダメダメ~っ!(*^▽^*)


でもね、私みたいに個性が強いと「変なヤツ」呼ばわりされます。(爆)


viralarticle登録、「紹介させてあげてもよくってよぉ~♪」っていう心優しい方がいらっしゃいましたら、鍵コメントかメ-ルで「お名前」と「メールアドレス」のご連絡をお願い致します。m(_ _)m

viralarticle

ポチッとな↓応援宜しくお願いします。m(_ _)m
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム

スポンサーサイト

コメント

はじめまして!

ひよりさん、こんにちは

ヴァイラルアーティクルディレクトリから、おじゃまさせて頂きました。

ひよりさんのアーティクルはこれからアーティクルを書きたいなって思っている方にはとっても参考になるアーティクルですね。

また遊びにきますねv

勝手にリンク貼らせていただきますよ

Reseller's Newsさん

Reseller's Newsさん、はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

そう言っていただけるとすごく嬉しいです。
少しでもたくさんの方に、アーティクルマーケットに興味を持って頂くことが第一歩かなぁって思っています。

超初心者の私ですが、宜しくお願いします。m(_ _)m
リンクまでしていただいたなんて、とっても嬉しいです。

ありがとうございます。(^ー^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://articlemagic.blog79.fc2.com/tb.php/15-c1813098

アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。