アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。 日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年9月19日 viralarticle始動! 

最新記事はこの下になります。
サイトマップはこちらです。

【はじめに】
英語圏で大ブレイクしているアーティクルマーケティング
日本初のアーティクルディレクトリとして、viralarticleがいよいよ始動。
私はこのviralarticleインターネットビジネスの一つの集客ツールと しての利用だけでなく、wikipedia的利用法ができるようになってこそ日本にアーティクル旋風を巻き起こすことができるようになるのではないかと思う。

今現在まだ一部のインターネットビジネス関係者にしかその存在は知られていない。

ここ数年でyahooやgoogleといった検索エンジンが爆発的に増えたのと同じように、アーティクルディレクトリも次々に誕生するものと考えられている。

しかしyahooやgoogleといった検索エンジンはインターネット検索をしようとするありとあらゆる人が利用する。
viralarticleはどうか?
日本ではまだまだインターネットビジネス関係の人しか利用しないだろう。
その存在自体が知られていないのだから。

そう考えると、インターネットビジネスに関係の無い、もっと極一般的なカテゴリーのアーティクルを増やさないかぎり、インターネットビジネスの為の集客ツールの一つと認識されてそこから先の広がりを期待するのは難しいのかもしれない。

ただですら新しいものに一番に飛び込もうとすることの少ない日本人。

そんな日本で、果たして英語圏のようにアーティクルマーケティングは拡大するのだろうか?

日本の場合、やはり「wikipedia」的利用法も可能になって初めて広く認知されるようになるのではないだろうか。

viralarticle



ポチッとな↓応援宜しくお願いします。m(_ _)m
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコム

スポンサーサイト
アーティクルマーケティングの可能性は無限大です。日本初のアーティクルディレクトリ、vairal articleがランチ。2006年は日本アーティクル元年です。 article magic! サイトマップはこちらです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。